糖尿病の基本的な治療法

近年増え続けている生活習慣病ですが、大人に限らず子供にも生活習慣病による影響が大きくでています。

食生活が欧米化し、食べ物も24時間いつでも購入することができるようになりました。

カロリーの高い食べ物を好む人が増え、メタボリックシンドロームの問題が重要視されています。

また、運動不足により筋肉が衰え、細胞が酸化して錆びついてしまう人も多く、体内の働きに影響を及ぼしているケースも少なくありません。

生活習慣病の代表ともいえるのが糖尿病であります。

内臓脂肪が蓄積することにより代謝の働きが悪くなり、様々な合併症を引き起こしてしまいます。

糖尿病は生活習慣を見直しただけでは、簡単に治るものではありません。

基本的な治療方法としては食事療法と運動療法、インスリンによる薬物療法となります。

現在では糖尿病予備軍といわれる人も多く、食生活を見直し、適度な運動により筋肉を活性化させることで、インスリン分泌の効果を上げることができます。

1日も早く治療を行うことで、薬物療法を行わなくても予防することができるのです。

以前は太った男性の年配者に多く見られた糖尿病ですが、現在では女性や痩せている人、子供にも増えています。

平成25年の厚生労働省の調べでは、糖尿病患者は約950万人といわれ、予備軍を合わせると約2050万人にも上るそうです。

主な原因は偏った食生活、睡眠不足、運動不足、アルコールやたばこなど生活習慣病によるものといわれています。

血糖値が上がると、血液の流れも悪くなり血栓ができてしまいます。

血栓が詰ることにより脳梗塞や心筋梗塞など合併症を引き起こす恐れがあるのです。

治療方法としては食事療法、運動療法、薬物療法の3つがあります。

生活習慣病により起こる糖尿病は、生活習慣を改めることで予防することができます。

食生活を見直し、適度な運動を行い、規則正しい生活を送ることで治療することも可能です。

しかし、現実には忙しさのあまり、生活習慣を改善することが難しいという人が多くいます。

また、遺伝により生活習慣病になりやすい体質の人もいるので、予防効果の高いお茶やサプリメントなどを使用してみるといいでしょう。

糖尿病を本気で治療したい方へ